専門の薬局で購入しよう

症状に合う漢方を処方してもらえます

笑顔の男性

体調改善のために漢方を利用する場合、複数の素材をブレンドしてオリジナルの漢方を処方してもらう必要があります。もちろん既に調剤されているものを購入することも出来ますが、自分の体質や体調に合う漢方の方が効果的だと言えるでしょう。漢方専門の薬剤師が居る大阪の薬局なら安心です。男性不妊の悩みを抱えている場合、代謝を上げて元気な精子を作るための方法を提案してもらえます。

処方から購入までの流れ

薬

まずは薬局に足を運びましょう

漢方を扱っている薬局のほとんどに専門の薬剤師が居ます。病院などで検査を受けた結果が出ている場合、それらも持参すると良いでしょう。丁寧なカウンセリングが行なわれるため、症状や治療法について相談出来ます。

色とりどりの漢方薬

調剤してもらいましょう

カウンセリングの結果を元にして漢方を処方してもらえます。また、飲み方のアドバイスなどをもらっておくと安心です。漢方の中には味に特徴のあるものがあり、服用するためにはコツが必要になります。

よくある疑問を解消!

男性不妊で悩んでいます。病院で検査を受けなくても漢方を処方してもらうことは可能ですか?

処方箋がなくてもその場で調剤することが出来るため、病院を受診しなくても処方することは可能です。不妊症の改善効果を期待しているなら、体調に合わせて調剤する方法でも問題はないでしょう。しかし、専門的な治療が必要になる場合などは医療機関を受診する必要があります。薬剤師がアドバイスを行なうため、まずは薬局でカウンセリングを受けておくと安心です。

定期的に漢方を購入したい場合、その都度カウンセリングを受けないといけないの?

同じ漢方を購入するのであれば、患者のデータを元にして事前に調剤することが出来ます。その場合は薬局に連絡しておくと手続きがスムーズです。また、薬局によっては混み合うこともあるため、予約を取っておくことも大切でしょう。服用している漢方が合わない、または効果が出ないという場合、改めて調剤し直すこともあります。薬剤師との相談を重ねて、体に合う漢方を処方してもらうと良いでしょう。カウンセリングを希望しているなら、事前に相談する必要があります。

一般的な病院でも漢方は処方されています

免疫力の向上などの効果を持つ漢方は、一般的な内科などでも処方してもらえるようになりました。体調不良で病院を受診した際、医師と相談した上で漢方の処方箋を書いてもらえます。しかし、ほとんどの医師は漢方の専門家ではないため、患者の体調や体質を配慮することは難しいでしょう。既に服用している薬があるなら、漢方との併用が可能であるかを医師に相談し、安全が保証された状態で処方してもらうようにする必要があります。薬局が身近にない場合などは、一般的な医療機関を利用するのも悪くありません。